スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)被害と闘う川南町の酪農家、弥永睦雄さん(48)が、現状を知ってもらおうと書き込みを始めたブログが、1日平均約3万件のアクセスを集める人気を呼んでいる。「下手な文章だけど、今私たちに何が起こっているのかを伝えたい」と日々の奮闘を写真付きで紹介する弥永さん。ブログには「頑張れ」と多くのコメントが寄せられている。【川上珠実】

 乳牛など39頭を飼育している弥永さんは、06年3月にブログを始めた。ブログ名は自分の名前「睦雄」から取って「川南町のムッチー牧場だよ〜ん」。これまで町の情報などを発信していたが、4月29日に口蹄疫について初めて書き込んだ。「これ以上、被害を増やしたくない。車の消毒を徹底して下さい」。やがてアクセス数が急増。4年間の総アクセス数約220万件のうち約90万件が、この1カ月に集中した。

 畜舎が移動制限圏内(発生地から10キロ内)にあり、弥永さんは殺処分前提のワクチン接種を受け入れざるを得なかった。5月25日、接種を受けた日のブログにこう書いた。

 <私がいるから安心して注射を受け入れてた感じがしました。でも、私は、心の中で、ごめんね…ごめんね…って39回叫びました…>

 20歳の時に畜産業を継いだ弥永さんは「牛を見て育った。牛が好きだから自分も養っていこうと決めた」という。国への怒りも率直につづる。「ワクチン接種って簡単に言わないで下さい」

 反響は大きかった。搾乳した牛乳を産廃業者のバキュームカーが回収した時のつらさを「たまらなく切ないです。どうか夢であってほしい」(5月27日)と書いた時には「宮崎、頑張れ!」「家畜のためにもくじけないで」など257件のコメントが寄せられた。

 賞金を寄付するなど宮崎への支援を続けている女子プロゴルファーの横峯さくらさんからは激励の電話が来た。「牛さんと豚さん色のしゅりけんを作りました。これで口蹄疫をたおしてください」。県外に住む9歳の女の子から、こんな微笑ましい手紙も届いた。

 5月31日、2頭に感染疑いが出た。39頭は10日にも処分される。「酪農が再開できる日までブログを続けたい。何年かかるかわからないけど、応援してくれた人たちにうちの牛乳を飲んでほしい」と弥永さん。

手延べそうめん 生産本格化 愛知・安城(毎日新聞)
<変死>67歳男性死亡 遺体の首にひも 松本(毎日新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
首相動静(6月13日)(時事通信)
<梅雨入り>関東甲信、東北南部も 平年より遅く(毎日新聞)

<菅首相>「小沢流選挙」修正に乗り出す 実行不確実な面も(毎日新聞)

 小沢一郎前幹事長による「小沢支配」からの脱却を目指す菅直人首相(民主党代表)−枝野幸男幹事長の民主党新体制は、小沢氏が主導した「小沢流選挙」の修正にも乗り出した。参院選での改選数2の選挙区への2人擁立、選挙資金の恣意(しい)的な配分など、強引な手法も指摘された前体制に対し、新体制は選対委員長に安住淳氏、党のカネを預かる党財務委員長に小宮山洋子氏といった「非小沢系」を起用して見直しを始めている。しかし、小沢氏側は培ってきた選挙のノウハウを簡単に伝授する考えはなさそうで、どこまで見直しが進むのかは不透明だ。

 「毎日、駅前や幹線道路で50回つじ立ちをしています」。安住淳選対委員長は9日、参院静岡選挙区(改選数2)から立候補予定の新人・中本奈緒子氏を党本部に呼び、日々の選挙活動について報告を受けた。

 同選挙区には、現職の藤本祐司参院議員がいる。しかし小沢氏は同県連の反対を押し切り、2人目の候補として中本氏を立てた。前執行部は藤本氏への選挙資金をストップさせ、県連の反発を招いていた。小沢氏の辞任を受け、同県連会長の牧野聖修衆院議員は8日、安住氏に候補者一本化を要請していた。

 しかし、現実には公認済み候補の公認取り消しは難しい。改選数2の選挙区について、安住氏も7日には「現職候補を優先したい」と語っていたが、9日の会談後は「頑張っている人に急ブレーキをかけるのはよほどのこと」と慎重な物言いに転じた。

 そこで新執行部が想定するのは「客観的なデータ」(安住氏)による情勢判断だ。各選挙区の情勢調査を早期に実施し、共倒れの可能性などを調べる。2人の候補のうち、1人が極端に票を伸ばしている場合は双方当選可能となるよう票を配分することも検討する。

 小沢氏は2人目の新人候補を「党本部直営」とし、現職候補とは区別する戦術をとるなどしていたが、こうした方針は見直す。これまでは小沢氏が囲い込みがちだった情勢調査結果も、一定程度幹部間で共有する。

 選挙資金の配分について枝野氏らは、静岡だけでなく、宮城、神奈川、長崎、茨城、秋田などにも恣意的な配分がなされているとみており、公平な支給に戻す意向だ。

 一方、小沢氏は幹事長辞任後も独自の選挙運動を進める構えを崩していない。小沢氏に近い関係者は「小沢氏は自分の秘書を全国に派遣している。自分が擁立した候補者が落選しないよう、自ら乗り出すこともある」と話す。自ら擁立を主導した谷亮子氏や昨年の衆院選で初当選した女性衆院議員について、スケジュールを小沢氏側で管理するという。小沢氏が主導した新人候補を優先することにほかならない。

 9日の民主党新旧幹事長会談後、小沢氏は記者団に候補擁立が難航している参院選沖縄選挙区について「彼(枝野氏)もまだわからないでしょう。菅首相と新幹事長の判断すること」と突き放し、選挙実務は自分にしかできない、という自負をにじませた。これまで積み上げてきた詳細な情報をたやすく「非小沢」側に渡すわけもなく、枝野氏が望んだ選挙実務の引き継ぎも事実上拒否した。【小山由宇、念佛明奈】

【関連ニュース】
菅首相:「ぶら下がり取材」 1日1回に削減を提案
河村市長:「増税せんで」菅内閣に注文
菅首相:小沢氏辞任で「けじめ」 政倫審に慎重
菅内閣:政策の行方は? 公約見直しも視野
菅首相:取材対応も「改革」 新役職新設の可能性も示唆

<参院選>首相交代で大あわて 民主候補予定者 「予想的中」候補も(毎日新聞)
<ギャラクシー賞>発表と贈賞式行われる(毎日新聞)
<保険料着服>容疑で代理店元従業員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
民主党 幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込む可能性も(毎日新聞)
少女脅し工事現場で乱暴=容疑で会社員逮捕―警視庁(時事通信)

総理辞任後の街の声、「仕分けは評価」「借金残した」「交代も無意味」…(産経新聞)

 「結果が出せず、辞めて当然」「リーダーシップが感じられなかった」。2日に退陣表明をした鳩山由紀夫首相に対し、有権者や識者からは厳しい反応が寄せられた。

[フォト]民主党の臨時両院議員総会であいさつを終え、壇上から降りて一礼する鳩山由紀夫首相

 「生活者の視点にたった政策をしていた。辞任はもったいない」(京都府長岡京市の60歳の女性会社員)「事業仕分けなど、自民党にはできなかったことをやってきていた」(京都市中京区の建設コンサルタント会社員)と評価する声もあったが、少数派だった。

 兵庫県西宮市夙川の飲食店経営、藤井大樹さん(36)は「当然辞任すべき。そもそもマニフェストが現実的ではないし、あまり考えのない内容だったと思う。子ども手当も、もらえるならもらうが社会全体の景気を考えて、お金を回転させるしくみを考えるべきだった」。和歌山市の主婦、上甲ひとみさん(55)も「子ども手当や高校無償化は結局、国の借金でまかなうわけで、未来にツケを残してしまい、子供たちのためにはならない」と批判した。

 首相のリーダーシップの欠如を指摘する声も聞かれた。

 西脇市堀町の大学4年生、岡田智之さん(21)は「首相にリーダーシップがないために、政権与党内でも意見がバラバラになり混乱が生じた。温厚そうな人柄は評価するが、流されてばかりで結果を出していない」。大阪市東住吉区湯里の無職、角戸雄一さん(57)は「金の問題があった2人が辞めるのは当然。鳩山首相はまったくリーダーシップを感じられなかった」と話す。

 米軍普天間飛行場の移設問題などでの迷走は、国民に政治不信を植え付けた。

 滋賀県草津市木川町の主婦、吉岡美佐子さん(62)は「基地問題など約束を守らないのはふがいない。でも、上だけ代えても意味がない。政治家は、目先の参院選にこだわるのではなく、団結して経済不況や基地などの問題に取り組まなければならない時期ではないか。本当に困っているのは国民だ」と話した。

【関連記事】
鳩山政権を振り返って、「未知との遭遇」だった8カ月
首相「大変ふつつかな私でしたが…心から感謝」
鳩山首相「決して間違っていなかった」「私も退きます。幹事長も退いてほしい」
渡部恒三氏「(小沢氏も)観念した。満点だ」 首相辞任にコメント
退陣表明後、小沢幹事長とがっちり握手
「はやぶさ」帰還へ

奈良連続婦女暴行、容疑者逮捕「わいせつ行為は口止め」(産経新聞)
民家に侵入の消防士、窃盗容疑で逮捕 大阪・貝塚(産経新聞)
<普天間問題>自民、不信任案提出へ(毎日新聞)
<新党改革>鳩山邦夫氏の長男を擁立 参院選比例(毎日新聞)
天皇陛下 温家宝首相と会見(毎日新聞)

京極夏彦さん 新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)

 講談社は20日、15日に発売された京極夏彦さんの小説「死ねばいいのに」を電子書籍化し、米アップルの新型携帯端末「iPad(アイパッド)」など向けに6月上旬から配信すると発表した。同社によると、大手出版社が文芸書の新作を電子配信するのは初めて。

【写真でみる】iPadの外見と画面イメージ

 価格は単行本1785円に対し、アイパッド版は900円(発売開始2週間は700円)。アップルの多機能電話「アイフォーン」版やパソコン版も同価格で、携帯電話向けは1章105円(全6章、第1章は無料)。

 京極さんは「紙の本の発売とほぼ同時にアイパッドが登場することになり、実験台を買って出た」とあいさつ。野間省伸副社長も「新たな手段で作品を読めるチャンネルが増える」と、出版市場の活性化に期待を示した。同社は近く、五木寛之さんの小説「親鸞」を、秋には京極さんの次作を電子書籍化する予定。

【関連ニュース】
電子雑誌:iPad向けに販売 6月から東京の書店組合
iPad:ソフトバンクから発売 4万8960円〜
SIMロック:解除巡りツイッターで応酬 総務相と孫社長
原口総務相:米国版iPad購入 国内接続で電波法抵触?
iPad:28日に日本発売…アップル

障害者支援財源、5割増を―民主・谷議員(医療介護CBニュース)
<安土城跡>観光客の憩いの場に ガイダンス施設完成(毎日新聞)
<京極夏彦さん>新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
「実行犯」手記の男性、北海道で死亡=朝日新聞襲撃事件―道警(時事通信)
子ども手当 満額断念「現金」「現物」上乗せ 選択、自治体任せ(産経新聞)

母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕―奈良県警(時事通信)

 自宅の敷地内に遺体を埋めたとして、奈良県警捜査1課などは18日、死体遺棄容疑で同県宇陀市室生区黒岩、無職上浪保弘容疑者(50)を逮捕した。遺体は母親のサゾヱさんとみられ、上浪容疑者は「昨年8月ごろ死んだ。処置の仕方が分からず埋めた」と供述しているという。
 逮捕容疑では、上浪容疑者は2008年10月ごろから今年4月ごろまでの間、自宅西側に遺体を埋め、遺棄した疑い。遺体に目立った外傷はなく、同課は詳しい死因を調べる。
 同課によると、サゾヱさんと上浪容疑者は2人暮らしだった。上浪容疑者は「年金がもらえなくなり、生活できなくなる」と供述しており、同課はサゾヱさんの死後も年金を受給するため、遺体を隠した可能性もあるとみている。 

不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁(産経新聞)
<たちあがれ日本>片山元総務相の擁立検討 参院選比例(毎日新聞)
囲碁 羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局(毎日新聞)
<児童買春>周旋容疑で男を逮捕 神待ちサイトで知り合い(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾後半20日から 各省「独自仕分け」も(毎日新聞)

ネット選挙、一部解禁へ=参院選からHP更新(時事通信)

 公職選挙法で禁止されている選挙期間中のホームページ(HP)の更新が夏の参院選から解禁される方向となった。民主党は12日に開く各党協議会で賛同を呼び掛ける。自民党など他党も基本的に賛同するとみられ、今国会で改正案が成立する見通し。
 民主、自民両党など与野党は4月、HP、電子メール、ブログ、ツイッター(簡易ブログ)のうち、どの範囲まで解禁するか、党内の意見を集約することで合意。これを受け、民主党は所属国会議員のアンケート調査を実施し、回答した約160人の大半がHPの更新解禁に賛成した。
 同党は、ブログについても「実質的にはHPと同じ」として利用解禁を提案する方針だ。具体的には、HPとブログの更新を認める対象は「候補者本人」と「候補を擁立している政党」に限定し、候補を支援する国会議員や地方議員による更新は認めない。
 電子メールやツイッターに関しては、アンケートで「誹謗(ひぼう)や中傷を防ぐ手だてが未整備」など慎重論が多かったため、今回は解禁を見送る。 

鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず(J-CASTニュース)
舘ひろしさん、神奈川県の「卒煙塾」塾長に就任(産経新聞)
途上国支援大会 タイで死亡の村本さんの同僚も参加(毎日新聞)
藤薫る春日大社 "砂ずりの藤”満開を迎える(産経新聞)
介護保険 ドラマで解説 豊島区がDVDを制作(産経新聞)

子どもの村 福岡で開設 虐待受けた子ら里親と(毎日新聞)

 虐待や貧困のため家庭で暮らせない子供が里親と暮らす施設「子どもの村福岡」の開村式が24日、福岡市西区今津であった。世界132カ国で児童福祉に取り組む非政府組織(NGO)「SOSキンダードルフ」(本部・オーストリア)の支援で、家庭的な養育環境と小児科医ら専門家による支援体制の両立を目指す、日本で初の試みだ。

 同村は、育親と呼ばれる里親と子供が暮らす一戸建て住宅5棟と、責任者(村長)や専門的ケアにあたるスタッフがいる「センターハウス」などからなる。土地は福岡市が年間71万円で貸与し、敷地面積は約3500平方メートル。定員は里親が最大5人、子供は同25人で、既に3人の女性里親と児童相談所から委託された1〜5歳の男女3人が暮らしている。【夫彰子】

【関連ニュース】
虐待:6歳の男の子が脳内出血で重体 義父を逮捕 三重
虐待:5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑
福岡3歳児虐待:31歳継父も逮捕、浴槽に監禁容疑
北海道4歳児虐待死:否認の男に懲役8年 旭川地裁判決
虐待:3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多

収集欲高じガン改造?警部補宅から器具押収(読売新聞)
都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)
<ウナギ>稚魚の漁獲量激減 中国、台湾も 土用の丑ピンチ(毎日新聞)
コブフウセンウオ稚魚、飼育施設で初の孵化 鳥取(産経新聞)
警官の顔に火付け逃走=捜索受け、41歳男逮捕−愛知県警(時事通信)

「独法管理部門のチェック機能は甘い」―省内仕分けで長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が4月15日に開催した第2回「省内事業仕分け」で、長妻昭厚労相は独立行政法人(独法)の管理部門について、「チェック機能が甘いため、組織が肥大化してコストが増える傾向にある。見直しを検討したい」と強調した。

 同日の省内事業仕分けでは、2つの独法の事業仕分けを実施。仕分け人が「高齢・障害者雇用支援機構」の示した管理部門のスリム化の目標が低いと指摘したのに対し、同機構の戸苅利和理事長は「管理部門の生産性を考慮したため」と説明。これに長妻厚労相は、「なぜ生産性が低いのか」と追及し、「株式会社が株主からチェックを受けたり、内部でも数値目標を設定するように、独立行政法人も外部からの監視や業務を効率化する仕組みが必要」と述べた。


【関連記事】
厚労省内事業仕分け、協会けんぽなど対象に―月内予定を発表
厚労相「無駄ない、との信頼を」―省内事業仕分けスタート
「レセプト査定率」の支部間格差、厚労省が実態調査へ
「消費者、患者の観点で規制見直しを」−行政刷新会議分科会が初会合
省内事業仕分け、公開へ―厚労省

群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)
鳩山首相、古賀連合会長と今月3度目の会談(産経新聞)
<ノリタケ>子会社元社員を追送検 横領額は1840万円に(毎日新聞)
殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)

<山崎直子さん>聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子飛行士(39)に、米中部時間14日午後11時21分(日本時間15日午後1時21分)、米航空宇宙局から目覚ましの音楽が贈られた。松田聖子さんのラブソング「瑠璃(るり)色の地球」。夫大地(たいち)さん(37)の選曲だという。

 山崎さんへの曲のプレゼントは7日以来2度目。前回は長女優希ちゃん(7)が選んだ。大地さんによると、山崎さんがどうしても宇宙で聞きたいと言っていた曲で、歌詞には「地球という名の船の誰もが旅人」などの表現がある。山崎さんが12日、ISSで詠んだ俳句にも「瑠璃色」という言葉が詠み込まれていた。

 山崎さんは交信で「とうとう飛行日も11日目。残りのミッションもがんばっていきたいと思います。帰還後にまた会えることを楽しみにしています」と日本語で語りかけた。

【関連ニュース】
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
山崎さん:「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る
ISS:女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録
野口聡一さん:誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼
ISS:山崎飛行士が宇宙で琴、「さくらさくら」を演奏

大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)
<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)
NHK受信料不払い、今夏にも強制執行へ(読売新聞)
日本から韓国へ鯨肉密輸? =米研究者ら調査チームが指摘(時事通信)
鴻臚館跡事務所火災 連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)

不正経理問題 神奈川県元職員3人逮捕へ(産経新聞)

 神奈川県職員らによる不正経理問題で、県警は8日、取引業者に物品などを架空発注してプールした「預け金」を遊興費など私的に流用した疑いが強まったとして詐欺容疑で、元職員数人=懲戒免職処分=の取り調べを始めた。容疑が固まり次第、逮捕する。

 これまでの県の調査によると、元職員3人は昨年1月に死亡した元職員とともに、平成15〜19年度に預け金から図書券を納入させ、換金するなどの手口で少なくとも1億2000万円を流用していたことが判明した。

 県は昨年12月、3人を詐欺罪で刑事告訴。県警は、3人から任意の事情聴取を続けてきた。

【関連記事】
神奈川県が不正経理チェックの「会計Gメン」を7月に新設
不正経理で副知事2人を更迭へ 神奈川
19の社会保険事務局で計6800万円の不正経理
狙いは漫画の利益?出版連合のブックオフ株取得
神奈川県の国庫補助事業、5年で6400件の不正経理

男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視−阿久根市(時事通信)
<最高裁>岡部判事が就任会見 女性で4人目(毎日新聞)
気象庁係長、すり未遂現行犯逮捕=通勤中「何度かやった」−警視庁(時事通信)
大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009−新聞協会(時事通信)
街角景気「持ち直し」=基調判断を上方修正(時事通信)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵
競馬サイト
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
モバイル ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
無料ホームページ
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    AtoZ (08/27)
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    志波康之 (01/15)
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    オリンキー (01/03)
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    サキューン (12/29)
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/24)
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    モグモグ (12/16)
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    パイン (12/11)
  • <口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
    俊之 (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM